推しコンの戯れ

日々消費したコンテンツの感想他。

映画「浅草キッド」

多少ネタバレ含むのでご注意。

f:id:hifistar:20220118073430p:plain

大泉洋劇団ひとりの舞台挨拶の動画と、二人と柳楽優弥のメーキングの動画が面白かったので、これ観たいがためにNetflixに再加入した。(あと、「ドント・ルック・アップ」も観たかかったからだけど)

 

感想はというと、面白かったけど、若きたけしが長々タップダンスするシーンと最後の全員集合的な回想シーンが冗長かな。監督の劇団ひとりの想いがそこにあるんだろうけど。

タップダンスのシーンは早送りしちゃったよ。

 

柳楽の演技は自然な感じで、無理してものまねしてなくて素晴らしい。大泉の深見千三郎はきっと本人そのままだろうなと思わせる。この映画は柳楽と大泉の役者の力量に支えられていると断言していいと思う。あと鈴木保奈美の存在感がすごい。

冒頭の特殊メイクの今のたけしはびっくりするくらい似てるけど、それならば本人でもいいじゃんかと思った(笑)。この映画を本人観たのだろうか、というのも気になる。

 

この企画、国内のどこからも断られてNetflixに拾われたらしいが、正解じゃないかな。諦めなかった劇団ひとりの勝ち。

時代は最初から全世界公開でしょう。山田五郎さんの言葉を借りると「グローバルに通用するコンテンツはドメスティックなんだよ」のお手本的な映画。

 

Netflixオンリーのドラマ「今際の国のアリス」も面白かったな。TVじゃ見ない俳優さんいっぱい出てたけど素晴らしかった。(設定がイカゲーム似てるなと思ったけど、イカゲームの方が後なんだよね多分。イカゲームは見てないが。)