推しコンの戯れ

日々消費したコンテンツの感想他。

「呪術廻戦」一気観

f:id:hifistar:20220119073451p:plain

だいぶ前から人気作品らしいが、ちょっと前にアニメを一気に観し、その後続きをオンラインコミック購入して読んだ。話題作・人気作は信用してなくて、いつも「ふーん」て感じで流してたが、つまんでみて正解だったのは「鬼滅」と、この作品だったな。

 

「鬼滅」にも言えるけど、アニメのクオリティーすげーな。アニメ界の制作事情はよく知らんが、むかし日本アニメ産業の凋落を嘆いていた大御所の言葉はなんのこっちゃ。ぜんぜん昔のアニメとはレベルが違うぞ。

 

アニメもマンガも面白かったね。止まらない。ほとんど一気観。

が、今後も見るかは微妙。

 

原作は、お笑いの要素はあるが、作品のテーストがグロい・暗い。

アニメだとずっと緩和されてるのでだいぶ観れるが、たぶん漫画から入ったら読んでないな。画風としても苦手なタイプ。

(暗さ的には冨樫義博に通じるものがあるし、設定の細かさ、バトル展開の知的さは、ひょっとして冨樫の弟子?と思ってしまったが、違うようだ)

 

アニメ後の展開は数倍面白くなるが、進むにつれて、正直、人を殺しすぎ。登場キャラを無遠慮にBANする様は「ゲーム・オブ・スローンズ」を思い起こすが、最後は虚しさしか残らないからな・・・。

ゲーム・オブ・スローンズ」は2度は観ないが、この作品の後半はそれに近い(現在進行形だけど)。設定も展開もピカイチだけどね。

 

まあ、好みは人ぞれぞれということで。