推しコンの戯れ

日々消費したコンテンツの感想他。

無料ネット対戦麻雀3選

無料でずっと遊べる対戦麻雀ゲームは、ずばり、この3つ。

 

1、雀魂 -じゃんたま-| 麻雀を無料で気軽に

2、KONAMI麻雀格闘倶楽部 | M.LEAGUE(Mリーグ)

3、セガNET麻雀 MJ | SEGA


この順番は、いまの自分のプレイー時間のベスト3。ネット麻雀は他にも色々あって下記サイトを参考にして色々ためした。

【2022新作】オンライン麻雀ゲームおすすめランキング23選!無料で楽しめる!オンラインゲームズーム

 

試した中で、無料でずっとプレイできるかどうかとか、ゲームの出来がいいかどうか、の基準で自然淘汰的に残ったのがこ3つだった。(自分はMac使いなので、Windowsでしか動作しないがゲームは試していない)

 

ちなみに、雀魂はブラウザで動作するのでMacで遊んで、他はiPhoneで遊んでいる。雀魂はiPhone版もあるが、レイアウトがPCベースのため牌小さすぎて見づらい。(iPadだったらOKかも)

 

さて、面倒臭いので「雀魂」を軽く触れるだけにする。

「雀魂」は萌キャラがわんさか登場するのが特徴。これは実は好みが分かれるところ。純粋に硬派に麻雀やりたい人は入らなさそう。デザイン含めたゲームとしての出来はトップレベル。Webアプリでこれだけのものが作れるのかと驚いた。

他の二者と比べると、牌を切るまでの制限時間がゆるいので、初心者に優しい。逆にいうと対戦者によってはテンポが悪くイライラするときもある。

昇級システムもかなりゆっくりで、結構勝たないと上にあがれない。上位の階級になるとレートの高い卓で遊べる。仮想コインが稼げるのだが、自分のキャラにプレゼントして愛情レベルを上げて、セリフとかストーリーとかがアンロックされる。課金システムを使って本当のお金を使えば、もっと簡単にいろんな要素がアンロックされるようだ。キャラの着せ替えとか上り時にアニメーションするようになったりとか。

麻雀の本質的なところではないので、ちょっとプレイしたい分にはあまり関係ない。しかし、実際に麻雀をずっと遊んでいると、対戦だけしても面白くなく、こういう要素が継続して遊びたくなるモチベーションになるんだなと実感する。

リアル世界の麻雀を考えても、こんだけ遊びがある中で麻雀を毎日やりたいとは思わない。やっぱ景品みたいなのが欲しいと思うよね。(普通の雀荘もノーレートでは打たないでしょう)

で、ゲームとしてはよくできているが、ほんとうの麻雀かというと怪しい。他の2者もまったく同じだが、配牌に手心が入っている、と思われる。

他の人もアプリストアのコメントで言っているが、3者とも以下の傾向がある。

・リーチ一発が異常に多い

・リーチしたとたんにロンされるのも異常に多い

・特定の人だけが異常に上り続ける

もちろん、自分に勝利フラグが立っている時もある。そのときは気分は無双状態。こういう配牌の傾向は、途中から怪しいと思っていたが、遊び続けるともう明白に分かる。

とはいえ、これはこういうゲームと割り切って遊べばいいだけの話。無料だし。ただし、このゲームで勝ち進められたら本物の麻雀も強くなるというのはない、ということ。

 

配牌は公正ですよ、と詠ってる無料ゲームも2つほどやったけど、コンピュータゲームとしての出来がしょぼくて、、、。唯一Maru-Janはよさげだけど、有料なので初回の数回しか遊べなかったのが残念。

負の部分も書いたが、実際3つともゲームとしてはよくできているし、麻雀以外の要素で本当に色々考えてる。「アカギ」とか漫画ともコラボあるし、遊ぶコンテンツとしては間違いなく面白い。